Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このネギ坊主は?

2018年6月14日確認に出かけると河原の草刈りにより全てなくなってしまいました。
2018年6月7日八雲町の河原に生えていました。高さは1mくらい、ネギ坊主は直径5cmくらい。

89658.jpg

89659.jpg

89660.jpg

89661.jpg

この葉っぱは

5月14日 高さ15cmくらいになりました。近くにオニユリがあるので、これもオニユリのようです。
89044.jpg

89045.jpg

89046.jpg


4月15日庭に芽を出していました。現在、高さ10cmくらいです。

88676.jpg

88677.jpg

蔓性木本ウラジロマタタビ?

2017年9月14日 確認に出かけましたが、見える範囲に葉はありませんでした。上部をズームで写してみましたが、確認できるような葉は写っていませんでした。このまままた保留です。 2017年3月11日 東出雲町の山中で写した蔓性木本です。蔓の基部は直径8cm以上あり、樹皮が短冊状にはがれています。蔓は長く伸び10m以上ある樹木に絡みついています。樹皮の様子からウラジロマタタビではないかと思われますが、また観察してみようと思います。

ジュズスゲ?

2012年6月23日の林内の作業道脇で写しました。当初ヤワラスゲとしていましたが、果胞の形や雌鱗片の大きさなどから違うものとわかりました。ジュズスゲに似ているようですが、雌鱗片が円頭ではなく、芒があるところが違うように思えます。図鑑を開いても、スッキリしませんので、取り敢えず不明の花としておきます。
苞は有鞘、果胞は長さ約4.2mm、雌鱗片は短く長さ約1.4mm、ほぼ同長の芒がある。果実は長さ約2mm、柱基が曲がっています。

43277.jpg 43278.jpg 43279.jpg 43280.jpg 43281.jpg 43282.jpg 43283.jpg 43284.jpg 43285.jpg 43286.jpg 43287.jpg 43288.jpg 43289.jpg 43290.jpg 43291.jpg 43292.jpg 

この樹木はクマノミズキ?

2015年10月20日 大野町の畑で栽培されているような感じでした。高さは1mちょっとくらいで、基部で切られて株立しているようです。葉は対生し、葉身の長さは11cm、両面に長さ0.5mm程度の小さな伏毛が散生しています。
 記事を載せてから、葉の葉脈や冬芽の様子からクマノミズキではないかと思いました。とすれば、なぜこんな様子で栽培されているのか不思議な気もします。

77516.jpg

77517.jpg

77518.jpg

77519.jpg

77520.jpg

77521.jpg

77522.jpg

77523.jpg

77524.jpg

77525.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。